芸術の秋の活動記録

気温が落ち着いて肌寒い日が増えた。もうすっかり秋だ。日本で秋といえば「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」とさまざまなものが連想されるが、まったくそのとおりで最近食欲は増すばかりだ。(なお運動する気にはいまいちならない)

それと並行して「芸術の秋」さながら美術館に行ったり映画館に行ったりサーカスを見に行ったりと外出がすることが増えた。基本的に家にこもりがちな人間だが、彼氏が外に出たがるタイプなのでこうして引っ張り出してくれるのはありがたい。そんなこんなで芸術の秋の活動記録。

アルベルト・ジャコメッティ

f:id:sayocono:20191006093836j:plain

ダウンタウンのアートギャラリーで開催していた『Alberto Giacometti: A Line through Time』に行ってきた。ジャコメッティはスイスの芸術家らしい。(某アニメのスイス人スケーターと同じ苗字なので説明を読む前にわかった)

写真のような絵画や版画も展示されていたが、ジャコメッティは針金のように細い人物彫刻で有名らしい。彫刻については尖りすぎててちょっと私が理解できる範疇を超えていたけど、油絵や鉛筆でさらっと描いた風景画はわりと好きな感じだった。

シルク・ドュ・ソレイユ『ルジア』

f:id:sayocono:20191006095155j:plain

おととしの『キュリオス』、去年ラスベガスで観た『ル・レーヴ』に引き続き、何気に毎年見ているシルク・ドュ・ソレイユ。今年の『ルジア』はスペイン語で「光と雨」を意味する造語らしい。

f:id:sayocono:20191006095146j:plain

舞台がメキシコなので内装も賑やかでタコスやアボカドディップが配られていたんだけど、偶然にも来る直前にタコスをたらふく食べてきてしまっていた。初日はスパークリングワインが配られるので悪酔いしないようにと思ったんだけど、もうちょっと控えればよかったな…。ひと口貰ったけど魚フライのタコスでわりとおいしかった。

肝心の内容はおととしに比べてだいぶ人間味が増しててよかった。おととしはもうびっくり人間ショーというか「人間辞めました」感すごすぎたんだけど、今回は「人間の限界に挑戦しました」って感じで面白かった。

ハスラー(Hustlers)


Hustlers | Official Trailer [HD] | Now In Theaters

実際にあった事件を元に、ジェニファー・ロペスコンスタンス・ウー演じるストリッパーがウォール街の男たちから金をだまし取る話。一見華やかな商売だけど景気の良し悪しがダイレクトに響く大変さがすごい。詐欺の方法よりも二人の関係性とか生活とかそっちに焦点が当てられていた。正直ジェニファー・ロペスのポールダンスを観るためだけでも行く価値はあった。

【VIFF】パラサイト 半地下の家族(Parasite)


Parasite (2019) 기생충 Movie Trailer | EONTALK

バンクーバー国際映画祭(VIFF)でなんか面白いらしいと聞いて行ってきたけどすごかった。まず何がすごかったって入場列がすごかった。去年の『万引き家族』もなかなかすごかったけど今回はやばかった。日曜だったからかな…4階まである会場ぎっしりだった。

内容については前知識皆無で行ったので何が起こるのかわからず、まったく予測もできないから面白かった。半地下に住む「負け組」家族が「勝ち組」の家族に寄生する話。起承転結、喜怒哀楽、ぎゅっと詰まっててジェットコースターみたいだった。好みかと言われるとそうではないんだけど、高い評価も納得の作品。

【VIFF】海獣の子供(Children of the Sea)


『海獣の子供』予告1(『Children of the Sea』 Official trailer 1 )

VIFF第二弾!ずっと前にブログで絶賛されてるの見てから気になってたんだけど、いやー、微妙だった。観たあとは☆2.5(5段階)って思ったけど、前半はわくわくしながら観れたのでかろうじて☆3で…原作未読なので完全に置いてけぼりでした。機会があったら漫画読みたいな…ないと思うけど。

【VIFF】フォードvsフェラーリ(Ford v Ferrari


FORD v FERRARI | Official Trailer [HD] | 20th Century FOX

VIFF最終日に見に行った。フォードとフェラーリの対決というよりも大部分はフォードの内部抗争だったな。引退した伝説のレーサー(マット・デイモン)と凄腕整備士兼ドライバー(クリスチャン・ベイル)が力を合わせてフランスの24時間レースの覇者フェラーリに挑む。24時間て。さすがに車整備の間に休憩挟んだりドライバー交代したりしてたけど、体力と気力の限界に挑戦する様子と緊迫したレースはなかなか見ものだった。

マットが主演・脚本の『グッド・ウィル・ハンティング』が好きなんだけど、あのウィルがこんなに大きくなって…と感慨深かった。めちゃめちゃいい映画なんですよね、グッド・ウィル・ハンティング。あとクリスチャンはあの『バットマン』の俳優なんだけど、毎度役作りがすごくて、こ、これがバットマン…!?と思ってしまった。全然別人。そういう意味でも面白い映画でした。

カナダのスキンケアの話

長いことスキンケアは無印を愛用してきたけど、せっかくカナダにいるのでナショナルブランドが使いたいなと思い最近はカナダブランドのものを使っている。手に入れやすいし。(無印もダウンタウンにあるけど高いからね…)

The Ordinary

f:id:sayocono:20191002121136j:plain

トロントの会社The Abnormal Beautyのブランド『The Ordinary』のシリーズ。会社名はabnormal beauty(普通じゃない、異常な美)のくせに、ブランド名はordinary(普通な、ありふれた)というネーミングセンスが歪んでいていい。非常に好み。

ただ商品数が多く何を選べばいいのかわからないうえ、商品名もAcidやらRetinoidやらHAやらB5やらと成分が連ねられているだけなのでどう違うのかわかりにくい。(というか今でもよくわかってない)

f:id:sayocono:20191007115738j:plain

公式サイトには肌のタイプ別におすすめ商品が紹介されているので(これは乾燥肌向けの組み合わせ)それを参考に選んでみた。写真の左から順に個人的な使用感述べていきます。

①Hyaluronic Acid 2% + B5

ヒアルロン酸とプロビタミンB5を配合したセラム。乾燥肌にはAM・PMともにおすすめ。こっくりとした独特なテクスチャーで、伸びがいいので少量でも顔全体に使える。セラムってことは美容液の扱いなのかなと思うけど、顔洗って一番最初につける化粧水みたいな使い方してる。エイジングケアにもいいらしい。

②100% Plant-Derived Hemi-Squalane

植物由来のヘミスクワランオイル。①の美容液とPMに勧められてるスクワランオイルだけでも肌が潤ったとの話を聞いて、とりあえずスクワランオイルの半額だったヘミスクワランを買ってみる。お店の人に聞いてみたら使い方は同じだけどヘミの方がさらっとしてるとのこと。

で、使ってみて思い出したけど私の肌はオイルをまったく受け付けないのだった。もう効果ゼロ。①の美容液を塗れども塗れどもオイルがふたしてくれないから頬と口周りがガサガサに。でもヘアオイルとしてはとっても優秀で結果的には満足してる。

③AHA 30% + BHA 2% Peeling Solution

『The Ordinary』といえばの真っ赤なピーリング液。週に1、2回使用で肌が見違えるほどつるつるに!というネットと友人の意見に期待して買ったけど、私はあんまり効果なかったな。成分の関係でカナダ国内の店舗で買えないからわざわざ輸入したのに…一応なくなるまで使い続けるけど今のところリピはなし。

④Azelaic Acid Suspension 10%

ニキビ治療に効果があるアゼライン酸。これから大きくなりそう…ってニキビに塗ると治りが早い感じはする。でも小さいブツブツとかには効果がない。生理前は肌の調子が悪くなるのでちょくちょく助けてもらう予定。ちなみにこれもカナダ国内で購入できない(カナダブランドなのに!)

⑤Natural Moisturizing Factors + HA

②のオイルがまったく効かなかったので結局AMに勧められてるクリームを買った。天然保湿成分とヒアルロン酸のクリーム。もうね、全然違う。やっぱり私の肌にはオイルじゃなくクリームですわ。①の美容液をちゃんとふたしてくれる。これもまたなんか普通のクリームとは違う不思議なテクスチャーなんだけど、伸びがいい。

そして30ml 5.80CADなのに100ml 7.70CADというトチ狂った値段設定なので絶対大きいの買った方がいい。お得とかいうレベルじゃない。ちゃんと計算してるのか心配。

 

高品質低価格を謳ってるだけあってどれも手を出しやすい値段なのでまた気になるのがあれば買ってみたい。ビタミンC配合の美白系とかも気になるけど、もはや日焼けは受け入れてるのでそろそろアンチエイジングを考えていこうかな…。

来年の手帳の話

2019年も残すところ3ヵ月と少し。もう私は手帳が続けられない人間なんだと諦めていた頃も懐かしく、今やすっかり手帳ラバーとなった。主要の手帳はあらかた試し、ようやく自分の欲しい手帳というのがわかってきたので今後の参考に残す。

マンスリーページ

  • 見開き1ヵ月
  • 月曜始まり

ここ2年ほどモレスキンを使っている。厚くないし紙質いいしカバー可愛いし気に入ってはいるんだけど、マンスリーが見開き2ヵ月で書きづらくウィークリーページばっかり使っていた。スケジュール管理はマンスリーの方が俯瞰で見れるので、次は見開き1ヵ月のものが欲しい。

ウィークリーページ

  • 週間レフト
  • 土日圧縮じゃない
  • 左ページ上部に余白
  • 右ページは罫線(5mm幅)

数年前に表紙買いした手帳が週間レフトで、それ以来手帳を続けられるようになったので性に合ってたらしく以来ずっと週間レフト。左ページにはヨガやワークアウトの内容、その日の体調を記録して、右ページはメモとして使ってる。

上部の余白はその週やることを書いてる。モレスキン右ページ罫線で完璧なんだけど土日圧縮なのが残念…まぁ土日そんな書くことないっちゃないけど、なんとなく土日圧縮はバランス悪くて好きじゃない。

その他

  • サイズはA5以下A6以上
  • 方眼フリーページ付き
  • 紙がクリーム色じゃない
  • マンスリー→年間カレンダーの順番

字が小さいのと荷物が重いのが好きじゃないので手帳は小さい方がいい。でも小さすぎると好きに書けないからA5よりひと回り小さいくらいがいい。フリーページは家計簿とフィットネスログ書きたいから方眼がいい。紙がクリーム色だと修正テープ使えないのでだめ。(なのでロルバーンもほぼ日も無理)

あと最近気付いたけど年間カレンダーってマンスリーの前にあることが多いけど、その月のマンスリーページすぐ開けるようにペンホルダーで挟んでるので、年間カレンダーがマンスリーより前だと使いにくい。

一番理想に近かったものの手に入れる難易度が高く断念。というかカナダで手に入る日本の手帳なんてMDノートかトラベラーズくらいだけど。

あまりの限定品の可愛さに数年前使ってたトラベラーズを引っ張り出すことも考えたけど、パタンと開けないのとマンスリーとウィークリーが別々になるので最終的に結構な厚さ重さになるのが難点。

来年の手帳

以上を考慮した結果、既存の手帳で該当なしの結果になったのでもう自作することにした。バレットジャーナルデビュー。今年はモレスキンのポケットサイズとラージサイズを使ってるんだけど、中間サイズが欲しいなと思ってたら新しくミディアムが出たらしい。しかもドット方眼もある。モレスキンわかってる。最高。

スキルを磨く趣味 #とは

彼氏に「最近スキルを磨くような趣味してないね」と言われた。というのも以前はカメラで写真を撮ったり、読書をしたり、日本で働いてたときインテリアコーディネーターの資格を取ったり(仕事とはまったく関係がない)、TOEICの勉強をしたりしていたというのを話していたので、そういうことを最近していないねという意味だった。

正直余計なお世話だよと思わないでもなかったが、最近暇な時間にしていることと言えば、Netflixを見るかTwitterを警備するかはてブロを徘徊するかなのでぐうの音も出ない正論。スキルを磨く趣味か…と改めて考えてみることにした。

とりあえず「大人の趣味」で調べてみた

出てくる出てくる大人の趣味。中にはそれ趣味か…?というのもあったけど、スノボとかイラストとか絶対やらないなと思うものを除いて3つに分類してみた。(冬のスポーツはもっぱらスケート派)(絵は幼稚園で諦めた)

創作系
料理、コーヒー、ハーブティー、カクテル、パン作り、裁縫、観葉植物、アクアリウム、アクセサリー作り、カメラ、ブログ、ピアノ、アロマテラピー

運動系
ヨガ、ボルダリング、筋トレ、ジョギング、サイクリング、ドライブ、サーフィン、テニス、登山、キャンプ

芸術系
読書、音楽、舞台、映画、アニメ、美術館、旅行、語学

ひとつひとつ見てみると、料理は毎日作ってるし、コーヒーも毎日淹れてるし、家に13個ある観葉植物毎日世話してるし、ブログもごくたまに書いてるし、朝晩毎日ヨガしてるし、筋トレもジョギングも定期的にしてるし、旅行は先月3回行ってるし、語学は毎日してるしで、私むしろ多趣味じゃない…?とすら思えてきた。

スキルを磨く趣味 #とは

いや違う「スキルを磨く趣味」を探すんだった。でもあらためて考えるとスキルを磨くって概念難しい。創作も運動もやるだけ上手くなるだろうし、芸術だって感性が磨かれていくだろうし、何を持ってスキルとするのか。スキルとはなんなのか。私が断定していいものなのか。哲学的な話になってきた。

そもそもカメラも読書も資格取得もそのとき自分の中のブームだっただけで別に趣味でもないんだよな。ヨガも筋トレもアラサーの身体を引き締めるために始めただけだし、私の趣味ってなんだろな。というか趣味ってそもそもなんなんだろう。時間を見つけてでもやりたいこと?時間があるとついついやってしまうこと?

f:id:sayocono:20190824124235j:plain

とりあえずすぐ始められるところで読書でもと思い図書館に向かったが、ゴールデンカムイが入荷されていたのですかさず借りてきた。

そういえば漫画とアニメはもう20年以上続いている趣味だと気づいたけど、結局「スキルを磨く趣味」は見つからないままだな…。

親友が日本から遊びにきた

ここ1年ほど「旅行=非日常」の感覚が薄れるようになってしまった。もちろん楽しみだし行けば楽しむんだけど、数年前のように数週間前からわくわくしたり旅行中に帰りたくないと後ろ髪を引かれたりする思いがぱったりなくなってしまった。

それと英語圏の国で暮らす者の宿命なのか、カナダ国内もアメリカも英語が話されている場所だといまいち外国感が沸かなくなった。国内旅行の延長のような感じがする。共通語がわかるというのはコミュニケーションで便利の反面、異国感を味わいにくいという弊害もあるのだなと実感する。

親友が日本から遊びにきた

そんな中、20年来の親友がはるばる日本から遊びに来てくれた。この親友、私がまだ留学生だった2年前にも来てくれて、正直家族よりも頻繁に会っている。

一週間の滞在の間、ずっと行きたかったカフェでサンドウィッチを買って図書館のルーフトップで食べたり、彼氏と二人では食べきれないと諦めた大きなパエリアを三人で食べたり、スタンリーパークで大きなカナダグースに驚きながら自転車を漕いだり、吊り橋を渡った先のトレイルでリスや清流に癒されたり、遠出したワイナリーで試飲をしたり体調を崩したりした。

方向感覚があまりない私は案内役のくせにトレイルでは彼女のGoogleマップに頼りきりだった。(彼女は昔からしっかりしていた)トレイルを抜けて車が1台通れるくらいの道路に出た途端、彼女が首から下げていたカメラを構えた。それは私にとっては何気ない緑の風景だったけど、彼女は「この道路、すごく格好いいよ」と言っていた。

あたりまえじゃない風景

写真が趣味の彼女は滞在中ずっとカメラのシャッターをきっていた。私はといえばiPhone SEの画質が悪く買い替えどきを伺い始めた頃からあまり写真を撮らなくなってしまったのと、そもそもこの国の風景に慣れて些細なことを記録に残すのが億劫になっていた。

旅行のこととも通じるんだけど、初めは物珍しかったことも慣れると刺激を感じなくなる。彼女は滞在中に私がとっくに見慣れた風景にも感動して声を上げ、シャッターを切っていて、この国の美しさをひとつずつ思い出させてくれた。自然と街の距離が近いこと。人の心に余裕があってやさしいこと。違いを受け入れるおおらかさがあること。

非日常が日常になるとき

非日常に慣れること自体は悪いことではないと思っている。それは非日常=日常として楽しむようになったということだから。それでもたまにこうして思い出させてくれることがあると、初心に戻ってこの国で暮らせるありがたみを感じらる。そしてやっぱり私はこの国が好きだなとあらためて思うのだ。

f:id:sayocono:20190909075901j:plain

誕生日とサーフィン(トフィーノ旅行)

誕生日が学生の夏休みなので社会人になってからも誕生日は絶対有休取るマンとしてひたすら誕生日=働かない日を貫いていた。彼が「誕生日は何かしないとと気が急くから終わるとホッとする」と言っていて、そんなこと考えたこともなかったなと思った。私にとって自分がしたいことはなんでもしてよく、逆に何もしたくなければしなくていい日だ。

そんな誕生日を挟んだ連休に彼がずっと行きたがっていたバンクーバー島のトフィーノへ行ってきた。本当は7月に行くつもりだったんだけど、冷夏で天候見て予定を遅らせたものの結局たいして変わらず、せっかくだから誕生日に行くかという運びになった。誕生日プレゼントの一環としてちょっといいホテルを取ってくれた。

旅の目的はサーフィン

トフィーノはバンクーバーから一番近いサーフィンのメッカとして人気の場所だ。一番近いと言っても車と船を乗り継いで半日かかるので、東京から鵠沼まで1時間で行けたことを考えると十分遠い。週末旅行としてもそこそこ遠い部類だと思う。

もちろん今回は彼がずーっとやりたいと言っていたサーフィンをするために行ってきた。私は日本で二、三度やったことがあるけど、好きでも嫌いでもない。自発的にはやらないけど連れて行かれればやる程度だ。ウェットスーツに着替えるの面倒だし、サーフボード重いし、ぶつけて痣できるし、正直ボディボードで十分だと思っている。

そうは言いつつも彼と何かを一緒にやるのは好きだし、やりたいと言われて断る理由もない。なんでもやってみると楽しいのだ。そして自分で言うのもなんだが、私はそこそこサーフィンが上手い。初めて沖縄でやったときからすぐボードに立っていた。どうやらバランスを取るのが上手いらしい。彼は初心者さながらボードから落ち続けていた。

適性を好きが追い越すとき

体力がないのですぐダウンし浅瀬でボディボをしていた私と違い、彼は果敢に何度も何度も波に挑戦していた。体力とやる気が違う。ずっとやりかったと言っていただけあって何度ボードから振り落とされても楽しそうに続け、3時間も経つ頃には立てるようになっていた。

そんな彼を見て昔見たアニメを思い出した。それは必ずしも適性=好きではないというような内容で、きらびやかな学生生活のほろ苦い一面を映し出した私のお気に入りの作品だった。その作品では「適性のない者は好きなだけでは報われない」というような描写があるのだけど、波に乗ってガッツポーズを決める彼を見て果たしてそうだろうか?と思わずにはいられなかった。好きが適性を追い越す瞬間は必ず来る。

今年の目標

誕生日にサーフィンをしたよ!というだけの内容なんだけど、なんかいろいろ考えさせられたので私も適性を上回るような好きの力で何かに打ち込みたいなと思いつつ、今年の目標を立ててみた。

1. 体力をつける

サーフィンに限らないが疲れやすいためにもろもろのアクティビティを長時間楽しめないので、今年は体力をつける。具体的には今年に入って始めた筋トレを継続して、ジョギングの距離を伸ばす。

2. 翻訳の仕事を見つける

もうすぐ翻訳の勉強が一区切りつくので、そしたら仕事を見つける。カナダのビザの関係で働けないのでオンラインで細々稼いでいたけど、今年はきちんと収支の「収入」の部分を強化してまともな家計簿をつけたい。(今は貯金を食いつぶしている)

3. アウトプットを習慣化する

毎朝モーニングノートを書いていたらそれで満足してしまって手帳もブログもまったく活用できていないので、後の記録のためにもアウトプットを習慣化する。モーニングノートは字が雑すぎるのと記録ではなく脳の整理メモなので読み返すものではないし。

f:id:sayocono:20190828131709j:plain

なんだかんだ結局楽しんだので1年に1回くらいはやりたいサーフィン。